MTM WATCH JAPAN 公式オンラインストア

MTM WATCH

MTM WATCH JAPAN 公式オンラインストア

 

FAQ

よくある質問

MTM watchについてお寄せいただいたよくある質問を掲載しています。

保証について

WARRANTY CARDについて教えてください。
WARRANTY CARDはご購入時に時計と一緒に同封される保証カードです。シリアルナンバー(通常英数字の8桁)、発売日が印字されており、購入時より3年間はMTM社の保証を受けることができます。お客様のご使用状況による過失での修理は保証対象外となりますのでご容赦ください。
当CARDは真贋証明書の類ではございませんが、付属されていないと偽物という訳ではありませんので、同封されていない場合は、ご連絡いただけますようお願いします。

海外でご購入いただいたMTM Watchは購入国での保証対象となり、期間内であっても日本で修理を行う場合は有償となりますのでご注意ください。
購入したMTM Watchが故障した場合、保証はしてもらえますか?修理は?
弊社では独自の3年間修理保証のサービスを設けておりますので、ご安心ください。弊社で購入頂いてから3年以内で、かつMTM社提示の使用範囲でご使用されて、故障した場合、無償にて修理対応をさせて頂きます。(海外購入製品は除く)
外部破損やお客様の瑕疵による故障について、弊社提供の3年間修理保証の対象外となります点、ご注意ください。
3年間修理保証の対象は、時計内部のムーブメント部分になりますので、ベルト切れによる交換などは本保証の対象外となります。

時計について

ずばり「MTM Watch」について教えてください。
他社商品と比べては何が良いのでしょうか?弱点はありますか?
他社のブランド製品も良い時計ですし、それぞれ特徴もあり高品質な腕時計であることは間違いありません。難しい質問ですが、弊社のお客様でMTM Watchに乗り換える、もしくは他社商品を所有されている方でもコレクションに加えられる場合に仰られるのは、「アメリカ製で、ミリタリーやプロフェッショナル、アウトドア愛好家に支持されている」ことや最先端で過酷な条件下に耐えうる様なレベルの時計を探していたところ、MTM Watchのコンセプト・デザインや実績を知り、その価値に共感し購入される方の声を多くお聞きします。
弱点を敢えて上げるとするならば、手首の細い方にとっては、MTM Watchのケースは少々大きすぎるかもしれないですね。またデザイン性からエッジが立っているモデルもございますので、袖に引っ掛かるなどもあると思います。
しかしながら、他には類を見ない無骨なデザインや機能を持った時計は非常に稀ですし、唯一無二の存在であり、その時計を着用する所有感は非常に価値のある事だと自負しております。またチタニウム仕様の時計に至っては外観とは似つかない重量に驚かれることと思います。
MTM Watch Japanでは独自のSHORT TRIALという体験サービスを実施いたしておりますので、一度お試しいただければうれしく思います。
カラーラバーベルトの汚れって目立ちますか?
時計自体は肌に直接触れるモノです。カラーベルトはブラック系のベルトと比べると汚れは、目立ってしまいますね。汚れが気になられる方は薄めた家庭用中性洗剤でふき取ってみてください。
本国(アメリカ)のみの取り扱い製品を購入したいのですが、取り寄せ可能でしょうか?
現時点においてはJapan Collection製品以外のお取り寄せは行っておりません。
限定モデルの入荷予定はありますか?
現時点においてはございませんが、今後販売モデルが予定させる場合はNEWS項目で告知いたしますのでご確認ください。
MTM Watchには電波時計、ソーラーウォッチやGPS機能を搭載したモデルはないのでしょうか?
現状では、そのような機能を搭載したMTM Watchにはございません。MTM Watchは陸・海・空の過酷な状況下での使用を想定して作られています。そのため、日照時間の不足や電波が届かないなど不測の事態を避けるため現行モデルには搭載しておりません。
PREDATOR IIにT25のマークは付いていますか?
T25のマークは付いておりません。
PREDATOR IIで使用されているトリチウムは、法令で定めるところの数値内であり、人体に悪影響を与えない範囲です。
偽物ですか?
いいえ、本物です(笑) MTM Watch Japanで販売されている製品は、アメリカ本社にて製造され、厳格にシリアル番号で管理されております。
FALCON BLACK ON BLACKモデルは文字盤の数字も黒色ですが、視認性に問題はありませんか?
文字盤の数字も黒ですので、数字が白のモデルと比べると、流石に視認性は落ちます。但し、文字盤と数字もブラックではありますが、異なるブラックカラーになっています。文字盤のブラックはカーボンブラックで、数字はグレーがかったブラックですので、微妙な色分けがされています。そのため、視認性が極端に落ちるということはありません。
ファッション性を重視しているため、視認性が多少落ちるのは否めません。
彼氏の誕生日プレゼントにMTM Watchを考えています。MTM Watchのおすすめを教えてください。
MTM Watchを大切な人へのプレゼントに選んで頂き、誠にありがとうございます。但し、大変申し訳ないのですが、いずれのモデルもそれぞれ特徴がありますので、「MTM Watch全てのモデルがおすすめ」という回答になってしまいます。

ブランドサイトのPHOTO GALLERYを参照の上お選びください。CONTACT USよりお問い合わせいただければ、弊社STAFFのおすすめをお伝えできるかと思います。
時計によって、ダイヤルの12時~16時に色が塗られているものと、20時~12時に色が塗られている商品がありますが、どういう意味で塗り分けられているのでしょうか。
デザインとお考えください。
領収書及び納品書は商品と一緒に送られてくるのでしょうか。
メールにて問い合わせをいただければ、PDFをお客様にメールで送信させていただきます。
お客様の方で印刷していただきますでしょうか。
MTM Watchの防水性能について教えてください。マリンスポーツに利用しても問題ないでしょうか?
モデル毎の防水性能は取扱説明書またはホームページのSPECにてご確認ください。MTM Watchは10気圧~20気圧対応となっておりますが、必ずご使用前にカバー、りゅうず類がしっかりと締まっていることを確認ください。スイミング、サーフィン、マリンジェット、スキンダイビングレベルでの着用は可能ですが、ヘリウムガスを使ったスキューバダイビングやディープダイビングでのご使用はできるだけお控えください。また、水がかかる場所や水中でのご使用、例えばりゅうずを回したりベゼルやボタン、スイッチ類の操作はお避け下さい。水が浸入し破損する恐れがあります。
また、水や海水に浸かった場合は速やかに拭き取り乾かしてからご使用ください。長くMTM Watchを利用していますと、時計内部のパッキンが劣化し防水性能が落ちている可能性もございますので、防水性能を維持のため事前のメンテナンスも必要になりますのでご注意ください。
秒針が目盛りから微妙にずれているのですが。
ある程度のずれは機構上起こりますので異常ではありません。故障ではありませんのでそのままお使いください。

メンテナンスについて

電池交換をしたいので、電池交換の方法を教えてください。
申し訳ございませんが、弊社では電池交換をお客様ご自身で行われることを推奨しておりません。

確かに腕時計の電池交換用工具も売られていますので、ご自分でもしくはご近所の時計屋様などで、交換される方もいらっしゃいます。しかしながら、ご自分で電池交換をされて故障した場合は保証対象外となりますのでご注意ください。またご自分で電池交換をされる場合は、自己責任で実施ください。
※弊社でのメンテナンスは電池交換時に防水確認もさせていただいております。
※充電式の電池交換は弊社以外では行わないでください。破損する恐れがあります。
ベルトの調整は自分でできますか?
可能です。チタンモデル、ステンレスモデルのベルトは調整できます。
※ラバーベルトは調整不可。
取扱説明書に記載されている方法を参考にご調整ください。
但し、ご自身でバンドの長さを変更される場合は、ご購入者様の責任において行ってください。
傷や損傷を危惧される方は、専門店への持ち込みをお薦めします。

※弊社でも対応いたしますが、お送り頂く際はお客様にて往復の送料、調整費用をご負担いただきます。
MTM Watchのオーバーホール(分解掃除)はできますか?
可能です。
但し、オーバーホールは保証の対象外となります。時間と費用は掛かりますが、対応は可能ですので、お問い合わせいただければお見積りいたします。(海外での購入品は除きます。)
MTM Watchのムーブメントの交換方法を教えてください?
弊社としてはお客様自身でムーブメントの交換を実施することを推奨しておりません。 交換をご要望の方は一度ご相談ください。
MTM Watchの電池交換はできますか?その場合、どの程度、時間がかかりますか?
電池交換は可能です。(充電式電池は除く)
保証期間外は有償にて対応しております。但し、電池交換の費用に加え往復の送料もご負担いただくことになりますのでご容赦ください。交換に要する時間ですが、概ね1カ月程度かと存じます。但し、混み合っている場合はそれ以上になる可能性もございますので、一度お問い合わせください。
※電池交換で防水性能が低下すると思われる方もいますが、そんなことはございません。多くの場合はパッキンの劣化による、防水性能の低下によるものです。

SHORT TRIAL

MTMを体験する

RANKING

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ